ツリーイングとは、「木登り」

ツリーイングとはロープを使って高い木に登る技術

Be Safty  ~ 常に安全であれ! ~

  • 木に登る・・・安全な、自然にやさしい木登り
  • 木から学ぶ・・・木と人との関わり
  • お互いに共有する・・・自然とのつながり


ツリーイングとは、ロープを使って高いところまで登っていく木登り。

10m、20m、・・・30mと人の力だけでは登れないような、高いところまで登っていきます。

大人はもちろん、小学1年生だって自分の力とロープを使って登って行っちゃいます。ツリーイングのポイントはロープとその結び方(ロープワーク)。

これがきちんとセットできていれば、それをつけて登っていくだけ。

安全・確実に木登りが楽しめます。


木になる久慈は、ツリークライミングアカデミーで修了したインストラクラターの仲間たちです。

安全な木登りを楽しんでもらえるお手伝いをしています。

野外活動や、子供会のレクリエーション、スポーツイベント、山はもちろん、里でも、体育館や、建物の室内でだって体験会をやっちゃいます。

木こりの技術 ツリーイング

ツリーイング木登りの発症はアメリカといわれています。

 広大な山にはとてつもない大きな気がたくさん。ハシゴでなんて全然木の高さに足りません。

間伐や木の手入れをしたくても、ハシゴも届かない、木に登れない・・・・。



そこで、ロープを使って登り、木の手入れをしたり、木を切ったりしたそうです。

 

木になる久慈では、敷地内の高い木や、屋根にかかって落ちてきそうな木、高所作業車入れないところでの電球の取り換え、いろいろなところのお仕事も手伝っています。

これも、ツリーイング(木登り)があってこそ。


ツリーイング体験会の予定はこちら!

ツリーイングやってみたい人は子供だって大人だって大歓迎。

震災支援協力活動

東日本大震災では、「陸前高田の奇跡の一本松」の保存調査協力にも携わりました。

 

足場が不安定で重機が入れず、しかも高さ30メートル。

私たちがお手伝いさせていただきました。

 

奇跡の一本松 調査の様子はこちら

ツリーマスター

クライミングアカデミー

公式ページ

ツリーイングマイスターの日記
ツリーイングマイスターの日記
TMCA北東北ブロック(8~11月行事計画)
>> 続きを読む

TMCA北東北ブロック(1~6月行事計画)
>> 続きを読む

認定講座Tー3
>> 続きを読む